投稿者「管理人2017」のアーカイブ

自宅での内職について

自宅での内職について

離婚して15年が経過して、子供も成人して、独立したため以前ほどは働いていません。

とは言え、少し前々はシングルマザーの生活のため、仕事の掛け持ちも当たり前の生活を送っていました。

そんな私は49才で、現在、無職です。そして1年前から内職をはじめました。

最初はポイントサイトでお仕事していました。ポイントサイトは、モッピーとかげん玉とかいろいろありますが、私はげん玉が一番稼げる印象です。

ポイントサイトは最初は稼ぎ放題です。ポイントが高いのは、「クレジットカード発行」と「保険の面談」です。

インティ・フォー

初めの月は、案件がたくさんかあるので、やることがたくさんあってたいへんです。でも報酬がそれだけたくさん受け取れます。

私は初め、ポイントサイトで1万円稼げました。「やった!ラッキー」と内心、はしゃぎました。

でも、やり初めて7か月たった今は、やれることが少なくなってしまいました。「クレジットカードも作ったし。保険の面談も一通りやったし。うーん、できることが少ないな。」って感じです。

私が続いて、やって見たのは、フリマアプリでいらないものを売る作業でした。私は若い時に買ったアリスバーリーのスカートやジャケットなどがたくさんあります。

もったいないので、「売ってお金に変えよう。」と考え、フリマアプリに登録しましたが、写真を撮ったり、コメントを上手に入れたり、結構たいへんな作業でした。

「売れたら良いな」思いながら待つこと1週間。。出品したのに、売れない!「こりゃだめだ~」と、落ち込みました。

よく研究すると、売れる為には、写真やコメントの掲載にコツが必要なようでした。写真は明るい時に撮る。コメントは短く簡潔になどなど。

それをやっても、売れないものは売れないらしいです。お金儲けは楽じゃないなと痛感する毎日です。

今後は子供が結婚して孫が出来たときときのために、コツコツ貯金したいと思います。

女子会で離婚の報告をしてみたら

女子会で離婚の報告をしてみたら

いつも良く女子会をしている友達3人と久々に会うことになりました。

この内、1人にはずっと離婚の相談をしていたのですが、他の2人には、離婚の「り」の字も話していませんでした。

みんなに話すと、みんなの意見に流されて、自分の意見や気持ちが引っ張られてしまうからと思ったから。なので、ここ何回かの女子会も、何だかんだと理由をつけて欠席していたのですが、離婚が決まり、その報告をと女子会に参加しました。

幹事が、離婚の相談をしていた子だったので、離婚の報告をしたいと話し、個室を取ってもらえるようお願いして、いざ、みんなが待つ居酒屋へ!ちょっと緊張しながら、みんなが待つお店へ入っていくと、なんと個室ではなく、半個室。

周りの声は丸聞こえだし、隣とも簾のようなもので仕切られているだけ…。

「久しぶり~!」と半個室へ入るや否や、「ごめん!」と言う顔の幹事の子が。

そして後の2人は「久しぶり~!って、どうしたの?なんかやたらと、ちっちゃくなってない?痩せた?いやいや、しぼんだ?」と。そんな友達の顔や言葉に、我慢する間もなく、泣き出してしまいました。

「どうした?どうした!」とアタフタする友達に、謝りながら、とりあえず飲み物が届いてから話すねと、飲み物を注文。

いつも飲んでいるサプリメントも一緒に飲んで見る。

乾杯をしてから、「実は」と切り出しました。

話をじっと、聞いてくれた友達。聞き終わってからは、一緒に泣いてくれて、怒ってくれて。そしてたくさん笑わせてくれました。

話し始めてしまえば、半個室も、周りの声も気にならず、その日はとことん食べて、飲んで、話して、スッキリ。

振り返らずに、前進あるのみ!ゴー!と励ませれ、離婚の疲れや嫌な気持ちをぶっ飛ばしてくれた友達との時間でした。

やっと姉妹同じ保育園に通えることになりました

やっと姉妹同じ保育園に通えることになりました
元旦那のDV、別居したのは昨年の7月のことでした。

専業主婦の私は、就職先を探し、9月から正社員として働くこととなりました。

別居してからすぐに保育園を探したのですが、上の子3歳も下の子1歳も保育園が見つからず、8月の試し保育は一時保育の利用でした。

上の子はありがたいことに9月から家から自転車で5分のところの入園が決まりましたが、下の子は9月からは入れず。

仕事が週5日で始まりましたが、家から自転車で30分の保育所の一時保育利用でした。

一番困ったのは、一時保育では月に15日しか利用できないということでした。

週に5日出勤だったので、足りない日にはわざわざファミリーサポートを利用して働いていました。

一時間に800円も払って働くなんて、行き帰りの時間も合わせたら何のために働いているのか分からないほどでした。

それから三ヶ月、今度は下の子が家から35分ほどの幼稚園の付属の保育を利用できるようになりました。
日にち制限がなくなりましたが、朝と夕方の送り迎えを二つ行かなくてはならないのが大変でした。

しかも、下の子の保育園は仕事先から家よりも遠い場所にあったのでなおさらです。

お弁当も持参だったので、朝の早起きもつらかったです。

そんな日々がさらに三ヶ月過ぎ、ようやくこの四月から二人一緒の保育園に通えるようになりました。

朝と夕方の時間も有効に使えるようになり、そして子供たち自身も姉妹一緒の保育園に通えるようになりとても喜んでいます。

子供が欲しくくて、妊活している方はおおいですよね?

妊活のときって、体調管理や食事の管理などやることがいろいろです。そこでサプリメントを使って栄養管理。

とても効率的ですよ。

友人夫婦の離婚が成立しました。

友人夫婦の離婚が成立しました。
私は五人家族で妻一人、子供三人で毎日仲睦まじく生活しています。

そんな私ですが、以前から懸念していた友達夫婦のことを少しお話しします。

私の知り合いの彼は学生のころからスポーツ万能、顔もイケメンでよく女子からちやほやされており、私もそれを自慢に思うと同時にうらやましくも感じていました。

遊びもいろいろ知っていることから、学生のころから周りには女子が絶えずいたことを覚えています。

そんな同級生の彼も20代後半になる前に彼女を作り、もうすぐ結婚をするということで招待状をもらい、もちろん何のためらいもなく出席の手紙を出しました。

それまで奥さんの顔は見たことはなかったのですが、結婚式で初めてお見掛けし、正直彼にはもったいないほどの美人さんでした。

式では別れた彼のお父さんも出席してくれ、彼も喜んでおり、感動的な結婚式を終えることができたので、この夫婦なら問題なくこれからを歩んで行けるだろうと思っていたのですが..。

結婚式からしばらくたって、その友人から突然ラインで連絡をもらいました。

内容は会社で事故を起こしてしまい、体が半身不随になるほどの大けがをしたとの内容でした。

彼の元気な姿しか知らない私はまさかそんなことがあるとは思ってもおらず、連絡をもらった翌月病院へ行きました。

そこで見た彼は車いすに座り腕も自由に動かすことのできないほどで、本当に痛々しかったです。

そのあと不思議に思ったのが、奥さんが近くにいなかったこと。彼にそのことを問うと、別れたというのです。

絶句しました。

彼は事故でこんなに傷ついているのに支えるどころかまさか離婚だなんて。

きっとそういう彼女だったのでしょう、彼も半ばあきれたように奥さんのことを話していました。

それから彼はリハビリを終え、今ではもちろん車いす生活ですが人の手を借りずに自分の力で必死に生きています。

腸内環境って大事ですよね?サプリメントでしっかりケアして下さいね!

ホームヘルパー2級

ホームヘルパー2級を取得したおかげですぐに就職

私の学生時代は就職難で卒業時に内定を取ることができなかったので、短期のバイトをいくつかしながらホームヘルパー2級の資格を取得して介護福祉の業界で働くことにしました。

当時から介護福祉の業界であればいつでも求人が出ていたので、どこかには就職できるだろうと思ったからです。

そしてホームヘルパー2級の資格を取得した後には、いくつかの介護施設の面接を受けて全て採用通知を受けました。その中で最も早く採用通知を出してきた介護施設に就職をすることになりました。

その後その施設では2年半ほど勤務して、結婚を機に退職することになりました。その後は一旦介護以外の別の福祉の分野の仕事に就いたのですが、3年後には再び介護業界に転職しようと思いました。

以前から介護業界で勤務する知人からどこか就職先があるか尋ねたところ、知人の紹介で複数の介護施設からスカウトを受けました。

特にホームヘルパー2級を所有していると訪問介護サービスを提供することが可能なので、当時欠員が2名出ていて業務が回っていなかったある訪問介護事業所からはどの雇用形態でも採用したいと思うのですぐにでも面接に来てほしいと言われました。

そしてその事業所からすぐに採用の通知を受けたのでそこに転職を決めました。その事業所では勤務し始めた数日後から本格的な業務をさせてもらい、本格的に勤務することができました。

学生時代は特に資格などを所有していなかったことから、雇用先の方からお声がかかるなど想像もしていませんでした。

当時から高齢化社会は問題になっていて介護業界に携わる人が多く必要だっただけに、ホームヘルパー2級の資格を所有して介護業界を希望するのは強みになるのだと思いました。

現在は妊娠出産育児を挟んで専業主婦をしているのですが、いずれまた介護業界を希望すればホームヘルパー2級の資格を所有しているのですぐにでもどこかの介護事業所には就職できるのではと思っています。

ヘルパー

ヘルパーの仕事は体力も知力も必要

ヘルパーと言うと、高齢者の自宅に行ってお掃除したり食事を作ったり買い物したりということが主な仕事内容というのが一般的であり、そのような案件の仕事が多いのも確かです。

そこで、なぜ体力が必要なのか。例えば買い物といっても大抵が重いものを頼まれます。良くあるのがお米や飲み物です。お米も5キロとなるとそれだけでなくお野菜や他の食材も買うと意外と重労働です。

思い買い物したものをもって自転車や徒歩でご利用者さんの自宅に行くまでに疲れてしまいます。

着いてから色々とやらないといけないから頭のなかで何をするか考えながら重いものを持ちながら、フル回転で仕事が始まっていきます。

掃除は網戸をふいたりしてはいけないと細かい規則もあるのでキレイにフローリングをふいたりするくらいですが、お風呂とトイレは一週間ぶりの掃除だとかなり汚れたりしていて風呂アカなどがついているとそれを落とすために、つけおきにするか、時間がなければゴシゴシこするのかと悩むこともあります。

また、臭いも気になるので換気も必須となります。掃除1つにしても力を使うことがあったり快適な環境にするために創意工夫も求められるので、介護意外にも掃除の上手なやり方時間短縮のテクニックも必要で、掃除の仕方についても同僚との意見交換も大切な時間となります。

食事作りについては、その日の分だけでなく冷凍などで小分けにして数日分作っておくこともあります。これは、力は必要としませんが食中毒に気を付けなくてはいけないので気を使う部分ではあります。

掃除で布団干しも天気次第で行いますが、30分や一時間のなかで干してから取り込むとなると布団も結局は干せないこともあります。

そういう場合はなるべくベランダに近いところに布団を置いたり、枕を置いたり布団をベランダからの取り込みは難しいけれど、部屋のなかであれば動かせる人には少しでも気持ち良い布団で寝られるようなその人にあった工夫を考えます。

気持ち良い生活ができるよう、その人に合わせた介護がヘルパーには求められるので体力も知力も必要な仕事なのです。

それでは最後になりますが、最近見つけたとても役立つグッズをご紹介。

特に起きるのが苦手な方は、是非チェック下さい。

そもそも私は朝が大の苦手でした。毎朝のように遅刻ギリギリの時間になってから行動を始めるパターンでした。

いい大人がこれではまずいと思い、目覚ましを増やすして大音量でおきることもしましたが、これは近所迷惑で大家さんに注意されてしまいました。

結構途方に暮れかけていたのですが、たまたま読んでいた情報誌で見かけたのが、光目覚まし時計でした。

ちょっと興味をもって、ネットでいろいろ調査した結果、「inti 4」という光目覚まし時計が良いことを知りました。

調べるとわかるのですが、安いものから高いも、大きいものから小さいものまでいろいろなタイプがあります。

ちなみに、inti SQUAREは非常にコンパクトですが、お値段は高い部類です。

ただし、せっかく買っても効果がないのでは仕方ありません。いわゆる安物買いの銭失いは避けたほうがいいです。

機能や目的にあったものから選ぶとこの「inti SQUARE」だったのです。興味のある方はチェックしてみてくださいね。

私には息子だけしかいない

シングルマザー

3歳の一人息子を連れて家を飛び出した私は、これからどうやって生きていこうかと考えた。

シングルマザーという言葉がまだなかった時代に誰にも理解してもらえず、母子手当だけはもらわずに頑張って仕事をして子供を養っていきたいと奮闘の日々。

仕事で家を長時間空けるために息子を一人にはできず、12歳まで子供を施設へ入所させ必死に働いた。

子供が何を感じているのかも考える暇もなく、毎日毎日働いた。息子も成長し、私の家で暮らせることを諦めたのか、施設で暮らしていくと言い出した。私は焦り、すぐに引き取って一緒に暮らすことになった息子はもう12歳。

息子は中学生となり、思春期でぎこちなくも安心した生活が始まり、また毎日毎日働いた。一緒に暮らしてもほぼ家を空けるため、息子とはすれ違いの生活。息子は部活に入り、毎日を充実させていた。必要なものは買い揃えた。

学校生活だけでも困ることがないように考えたが、私と一緒にいない時間がありすぎて学校をさぼったり、学校に呼び出されることもあった。

それでも息子は間違った道に反れることなく、心優しく成長してくれた。私は息子に辛い時間を与えてしまった、父親の顔も知ることもなく親戚との付き合いも知らず孤独を感じさせてしまった。

しかし、これだけは言える。私は一生懸命働いて、息子とここまでやってこれたんだと。私は孤独、息子も孤独。しかし2人いれば寂しくなんかない。

息子は成人して家庭を持った。3人の子供にも恵まれた。子どもはすくすくと成長している。

家族というぬくもりを必死で守っているようだ。息子が幸せそうで、私は頑張ってきてよかったと思う。

私はこれからどうやって第二の人生を生きていこうか。孫の顔を見ながら昔を思い出し、私が息子にできなかったことを孫に色々やってあげたい。私のエゴかもしれないが。

ペット可マンション

猫&ピアノ可能なマンションないかな…。

九州に移住した友達が久しぶりに帰って来たので、今日は食事会でした。
みんなでいろいろ話して楽しかった!

それにしてもいいなぁ…移住。
私も今と全然違う街に住んでみたいって、時々思ったりします。
友達に刺激を受けて、ついいろいろな街の移住プロジェクトとか、検索してしまいました。
移住となると仕事とかいろいろ大変だけど、仮に仕事の問題がないとしても、私にはちょっと大変な問題が。

それは、「猫」と「ピアノ」です。超猫好きだし、超ピアノ好きなもんで…。
猫を飼ってない友達は、「実家に預けたら?」なんて言うけど、この子とは絶対に離れて暮らしたくない!
ピアノをやってない友達は、「電子ピアノでいいじゃん。引っ越しも楽だし」って言ったりもするけど、やっぱり電子ピアノは電子ピアノ。
私にとって生のピアノを弾けない生活は考えられない!
となると、ピアノも猫もOKなマンションってことになるのですが…。

ペット可物件ってここ数年でかなり増えてきてるみたいですね。
猫付きマンションなんていうのが話題になったり、この前は「猫のことを第一に考えた住宅造り」なんて記事を、ネットで見かけました。
ピアノ可や「応相談」の物件も、あることはあるんですよね。
でも、ピアノも猫も、となるとやはりなかなか難しいようです。
少なくともうちの近辺では、ぜんぜんないんですよね。

でもなぁ…「ピアノもペットもOK」っていうマンションがあったら、きっと人気が出ると思います。
だって、ピアノも動物も好きっていう人、私の知っているだけでもけっこういますもん。
ペットがOKで防音もしっかりしてて、夜中に弾いても全然問題なくて、
ついでに贅沢を言えば音響もとっても良く部屋が整えてあって、部屋もすてきで、お手ごろな価格で…
なんてマンション建てたら、きっとあっという間に完売しちゃうだろうな。

あっ、それ自分で建てればいいんだ、って今気が付いたのですが…。
マンション建てる経済力があったら、一戸建ての方が安いでしょうね(笑)。
私は一戸建てより、なんとなくマンションの方が住みたい感じなのですが。

ピアノと猫OKのマンション見つけて移住なんて、遠い夢だな…。
でもいつか、好きなところに好きな住まいを見つけて暮らしたいです。

シングルマザー

ママだけじゃダメなの?!

離婚して2年のシングルマザーです。

ウエディングプランナーとして、正社員でフルタイムで働き、三歳の娘は保育園へ通わせています。職業柄、土日の休みはなかなかもらえず、実家の母に娘を見てもらっています。

幼くして片親だけになった私の娘に対して、母は過保護の典型。口癖は、いつも何をするにも「かわいそう」。預けに行けば玄関で、「日曜なのにママといられないなんてかわいそう。」寝坊した娘を起こして連れてきた日は、「まだ眠いのにかわいそう。」私のいない二人の時間は、それはそれは甘やかす様子です。

私のわがままで、好きな仕事をしています。だから、それは娘にも本当に申し訳ない気持ちがあります。しかしフルタイムで働かなかったら金欠で、もっと娘にはかわいそうな思いをさせてしまうと思っています。

少しでも美味しいご飯を食べさせたい、もう少し大きくなったら好きな習い事もさせてあげたい、、そんな気持ちでいっぱいです。

実家の母には、すべてあんたが悪いと責め立てられます。離婚の時にだいぶ迷惑をかけてしまったので、言われても仕方ありません。でも私だって、仕事で辛い日もあります。愚痴のこぼしたくなる日もありますが、娘の前では常に笑顔でいたい。

だから私の発散どころは、今はまだ見つかっていません。元気な母親を演じているかもしれませんが、それが仮の元気でも今の支えはそんな自分です。とびきり甘えて帰った娘は、いつもの二倍わがままになります。

二人きりの時に、これが始まると私は本当におかしくなりそうです。怒り役の父親がいないからなのか、私が少し怒るくらいじゃちっとも聞きません。この間は、私が少し注意したら突然号泣して何もしていないのに、「痛い!痛い!」と叫びます。

虐待でもされているかの様に。実家の母にも理解されず、娘にも気持ちが届かない今。ママ一人では足りないのでしょうか?私こそ泣きたいです。

シングルマザー

シングルマザーでも、やる気になればなんでもできる

私は子供が3歳1歳の時に離婚しました。離婚の理由は、元夫のDVです。

家にもあまり帰ってこなかったため、生活費ももらうことができず、電気やガスが止まり、オムツが中々買えないこともしばしばありました。

子供が幼稚園に上がる前にどうにか離婚しなくてはと思い、半年以上かけて離婚の準備をしました。

仕事をすることは、元旦那が絶対に許してくれなかった為、隠れてハローワークに通い、条件に合う仕事を探していました。しかし、それよりも難しいのは保育園探しでした。無職では中々保育園は決まりません。

結局、先に離婚をし、実家の両親に手助けしてもらいながら、小さなアパートで3人の暮らしが始まりました。幸い、育児は1人で全てやっていたので特に負担はありませんでした。驚いたのですが、離婚をすると無職の状態でも割とすぐに保育園が決まりました。子供が保育園に通っている間に仕事の面接に行き、パート先もすぐに決まりました。仕事と育児の両立は体力的には思ったよりも楽で、自分が稼いだお金で子供達にお菓子を買ってあげることが嬉しくて‥毎日幸せでした。

私は稀かもしれませんが、結婚していた当時はお財布にお札が入っていることなどなかったので、離婚をして、自分でお金を稼いで、更に国から出る子ども手当や児童扶養手当があった為、離婚してからの方が生活に余裕があったように思います。

しかし、それでも子供達を成人するまで養っていけるという自信はなく、パートをしながら資格を取る為の勉強をはじめました。3ヶ月後、試験に合格し看護学校に通うことが決まりました。それから必死で学校の試験と実習を乗り越え、2年後に無事卒業。

就職先もすぐに決まり、2人を育てるだけのお給料も貰えるようになり、たまに3人で外食ができるほどになりました。シングルマザーになっても仕事も子育ても自分次第です。私は子供達に経済的な不便はかけたくない、その一心で頑張れたように思えます。

住宅展示場

何気なく行った住宅展示場で現実を教えてもらいました。

 

妻が風邪をひいてしまって、家に子供たちがいるとうるさいのでどこかへ連れて行ってほしいと言われ、

自分も花粉症だからあまり外にいるのも辛いし休みの日だから自分のしたいこともあるし、といろいろ考えた結果、
最近家が欲しいよねと妻と話し合うことが増えたため、住宅展示場へ行ってみることにしました。

平日だったため、住宅展示場は非常にがらんとしていました。
息子たちは遊びに行けるならどこでもOKという年頃なのでなぜか非常にうきうきしていましたw
最初、見学するとおもちゃがもらえるという話を聞いていた為、一条工務店のモデルハウスに行ってみたのですが、
少し話をすると、私の今の給料では一条工務店で家を建てるのは難しいらしく、他のローコストメーカーの家を薦められてしまいました。
実は、ずっと妻の実家で共働きで働いていたのですが、一年ほど前に私の実家に引っ越してきたのです。
すぐに妻は妊娠もしたのでまだ仕事もしておらず、私も転職したばかりなので給料は低めです。
それでも、夫の両親と同居というのはやはり妻には大変らしく、子供も三人になってしまったため広い家が欲しい気持ちが高まってきたというわけです。
今も両親に毎月家賃代わりに五万円を払っているため、そのお金で家を買えるなら買ってしまった方が早いと考えたことも理由にあります。

どのモデルハウスにも子供が遊ぶスペースがついていた為、子供が一緒でしたが、比較的落ち着いて話を聞くことができました。
少し生々しい話になりますが、私の今の年収は大体300万円にぎりぎり届かないくらいなんです。
それで計算してもらうと、有名なフラット35というローンで最大限まで借りれたとして、大体2000万円くらいが限界になるそうです。
けれど、返済のこともありますし、実質的には1700万円くらいに留めておくのが正解だと言われました。
土地も別に買うことを考えれば、1200万円くらいまで家の値段は落とすべきとも言われてしまいました。正直、土地を買うのは少し厳しいみたいです。
がっかりという気持ちもありますが、仕方がないという気持ちもありますし、自分の現状を正確に把握できただけ、見学へ行ってよかったような気がします。
引越しに出産もあったため、貯金も全く頭金を出せない、となると分譲住宅が関の山なのでしょうか。
妻が今後働いてくれたり、私の基本給が上がったりすれば別なのでしょうが。
何はともあれ、ちゃっかりティッシュとかトミカも貰えたし、私も家の話をいろいろ聞くことができたし、住宅展示場へ行ったのは正解でした。
転職するにはまだ早いし、勤めて一年経つから基本給が一万円近く上がるし、こつこつ頭金を貯めようかなぁ。
貰ったトミカで遊ぶ4歳と2歳の息子を見て、上の息子が小学生に上がるまでには家を建てる計画を進められたらいいなぁ、と思いました。

リフォーム

同居すると同時にリフォーム

今まで賃貸のアパートに住んでいましたが、思いきって同居とリフォームを決めました。
それまでの経緯は色々ありまして、このままアパートに住むか、マンションを買うか、同居するか。
夫の実家は一戸建てで、長男でしたので一戸建てを購入という選択肢はありませんでした。アパートに住んでも賃貸なので自分のものにはならないのに家賃を払い続けるのもどうかと考えてたところでした。かといってマンション…。駐車場の問題もあるし、近所づきあいも密だし、騒音の問題もあってなかなか考えられませんでした。
そこで考えたのが、夫の実家に二世帯を作るということでした。今までアパートで自分たちで暮らしてきて、いきなりみんな一緒に住む、というイメージが湧かなく、気を使うという点でもなかなか完全同居には踏み切れませんでした。
二世帯だと自分たちの生活スタイルは大幅には崩れないし、もともと土地があって家があって、リフォーム代を払えばいいだけなのでそこまで負担は大きくならないという点でも自分たちにはぴったりでした。夫の両親も安心したみたいです。
私たちが実際に行ったのは、一部屋増築と、キッチン、洗面台、洗濯機スペースを作ること、元々ある部屋の壁紙を新しくし、トイレの改装工事でした。二部屋を壁を取り払ってリビングにしました。間取りで言うなら2LDKです。お風呂と玄関は一緒です。あと、オール電化にしました。

キッチンや洗面台、壁紙や床の色や材質、ドアの種類など全部自分たちで決めていくのが本当に楽しかったです。アパートのときは賃貸だから壁に穴をあけちゃいけない…とか考えなくてもいいし、隣の人の物音も気にしなくていいので楽です。
夫の両親とうまくやっていけるか…などの不安はありますが、適度に気を使い、適度に自由に日々暮らしています。町内会の催しや近所づきあいもまだまだ分かりませんが、この選択をして良かったと思っています。何と言っても経済的な負担が大きくないというのが一番でした。