住宅展示場

何気なく行った住宅展示場で現実を教えてもらいました。

 

妻が風邪をひいてしまって、家に子供たちがいるとうるさいのでどこかへ連れて行ってほしいと言われ、

自分も花粉症だからあまり外にいるのも辛いし休みの日だから自分のしたいこともあるし、といろいろ考えた結果、
最近家が欲しいよねと妻と話し合うことが増えたため、住宅展示場へ行ってみることにしました。

平日だったため、住宅展示場は非常にがらんとしていました。
息子たちは遊びに行けるならどこでもOKという年頃なのでなぜか非常にうきうきしていましたw
最初、見学するとおもちゃがもらえるという話を聞いていた為、一条工務店のモデルハウスに行ってみたのですが、
少し話をすると、私の今の給料では一条工務店で家を建てるのは難しいらしく、他のローコストメーカーの家を薦められてしまいました。
実は、ずっと妻の実家で共働きで働いていたのですが、一年ほど前に私の実家に引っ越してきたのです。
すぐに妻は妊娠もしたのでまだ仕事もしておらず、私も転職したばかりなので給料は低めです。
それでも、夫の両親と同居というのはやはり妻には大変らしく、子供も三人になってしまったため広い家が欲しい気持ちが高まってきたというわけです。
今も両親に毎月家賃代わりに五万円を払っているため、そのお金で家を買えるなら買ってしまった方が早いと考えたことも理由にあります。

どのモデルハウスにも子供が遊ぶスペースがついていた為、子供が一緒でしたが、比較的落ち着いて話を聞くことができました。
少し生々しい話になりますが、私の今の年収は大体300万円にぎりぎり届かないくらいなんです。
それで計算してもらうと、有名なフラット35というローンで最大限まで借りれたとして、大体2000万円くらいが限界になるそうです。
けれど、返済のこともありますし、実質的には1700万円くらいに留めておくのが正解だと言われました。
土地も別に買うことを考えれば、1200万円くらいまで家の値段は落とすべきとも言われてしまいました。正直、土地を買うのは少し厳しいみたいです。
がっかりという気持ちもありますが、仕方がないという気持ちもありますし、自分の現状を正確に把握できただけ、見学へ行ってよかったような気がします。
引越しに出産もあったため、貯金も全く頭金を出せない、となると分譲住宅が関の山なのでしょうか。
妻が今後働いてくれたり、私の基本給が上がったりすれば別なのでしょうが。
何はともあれ、ちゃっかりティッシュとかトミカも貰えたし、私も家の話をいろいろ聞くことができたし、住宅展示場へ行ったのは正解でした。
転職するにはまだ早いし、勤めて一年経つから基本給が一万円近く上がるし、こつこつ頭金を貯めようかなぁ。
貰ったトミカで遊ぶ4歳と2歳の息子を見て、上の息子が小学生に上がるまでには家を建てる計画を進められたらいいなぁ、と思いました。