シングルマザー」カテゴリーアーカイブ

私には息子だけしかいない

シングルマザー

3歳の一人息子を連れて家を飛び出した私は、これからどうやって生きていこうかと考えた。

シングルマザーという言葉がまだなかった時代に誰にも理解してもらえず、母子手当だけはもらわずに頑張って仕事をして子供を養っていきたいと奮闘の日々。

仕事で家を長時間空けるために息子を一人にはできず、12歳まで子供を施設へ入所させ必死に働いた。

子供が何を感じているのかも考える暇もなく、毎日毎日働いた。息子も成長し、私の家で暮らせることを諦めたのか、施設で暮らしていくと言い出した。私は焦り、すぐに引き取って一緒に暮らすことになった息子はもう12歳。

息子は中学生となり、思春期でぎこちなくも安心した生活が始まり、また毎日毎日働いた。一緒に暮らしてもほぼ家を空けるため、息子とはすれ違いの生活。息子は部活に入り、毎日を充実させていた。必要なものは買い揃えた。

学校生活だけでも困ることがないように考えたが、私と一緒にいない時間がありすぎて学校をさぼったり、学校に呼び出されることもあった。

それでも息子は間違った道に反れることなく、心優しく成長してくれた。私は息子に辛い時間を与えてしまった、父親の顔も知ることもなく親戚との付き合いも知らず孤独を感じさせてしまった。

しかし、これだけは言える。私は一生懸命働いて、息子とここまでやってこれたんだと。私は孤独、息子も孤独。しかし2人いれば寂しくなんかない。

息子は成人して家庭を持った。3人の子供にも恵まれた。子どもはすくすくと成長している。

家族というぬくもりを必死で守っているようだ。息子が幸せそうで、私は頑張ってきてよかったと思う。

私はこれからどうやって第二の人生を生きていこうか。孫の顔を見ながら昔を思い出し、私が息子にできなかったことを孫に色々やってあげたい。私のエゴかもしれないが。

シングルマザー

ママだけじゃダメなの?!

離婚して2年のシングルマザーです。

ウエディングプランナーとして、正社員でフルタイムで働き、三歳の娘は保育園へ通わせています。職業柄、土日の休みはなかなかもらえず、実家の母に娘を見てもらっています。

幼くして片親だけになった私の娘に対して、母は過保護の典型。口癖は、いつも何をするにも「かわいそう」。預けに行けば玄関で、「日曜なのにママといられないなんてかわいそう。」寝坊した娘を起こして連れてきた日は、「まだ眠いのにかわいそう。」私のいない二人の時間は、それはそれは甘やかす様子です。

私のわがままで、好きな仕事をしています。だから、それは娘にも本当に申し訳ない気持ちがあります。しかしフルタイムで働かなかったら金欠で、もっと娘にはかわいそうな思いをさせてしまうと思っています。

少しでも美味しいご飯を食べさせたい、もう少し大きくなったら好きな習い事もさせてあげたい、、そんな気持ちでいっぱいです。

実家の母には、すべてあんたが悪いと責め立てられます。離婚の時にだいぶ迷惑をかけてしまったので、言われても仕方ありません。でも私だって、仕事で辛い日もあります。愚痴のこぼしたくなる日もありますが、娘の前では常に笑顔でいたい。

だから私の発散どころは、今はまだ見つかっていません。元気な母親を演じているかもしれませんが、それが仮の元気でも今の支えはそんな自分です。とびきり甘えて帰った娘は、いつもの二倍わがままになります。

二人きりの時に、これが始まると私は本当におかしくなりそうです。怒り役の父親がいないからなのか、私が少し怒るくらいじゃちっとも聞きません。この間は、私が少し注意したら突然号泣して何もしていないのに、「痛い!痛い!」と叫びます。

虐待でもされているかの様に。実家の母にも理解されず、娘にも気持ちが届かない今。ママ一人では足りないのでしょうか?私こそ泣きたいです。

シングルマザー

シングルマザーでも、やる気になればなんでもできる

私は子供が3歳1歳の時に離婚しました。離婚の理由は、元夫のDVです。

家にもあまり帰ってこなかったため、生活費ももらうことができず、電気やガスが止まり、オムツが中々買えないこともしばしばありました。

子供が幼稚園に上がる前にどうにか離婚しなくてはと思い、半年以上かけて離婚の準備をしました。

仕事をすることは、元旦那が絶対に許してくれなかった為、隠れてハローワークに通い、条件に合う仕事を探していました。しかし、それよりも難しいのは保育園探しでした。無職では中々保育園は決まりません。

結局、先に離婚をし、実家の両親に手助けしてもらいながら、小さなアパートで3人の暮らしが始まりました。幸い、育児は1人で全てやっていたので特に負担はありませんでした。驚いたのですが、離婚をすると無職の状態でも割とすぐに保育園が決まりました。子供が保育園に通っている間に仕事の面接に行き、パート先もすぐに決まりました。仕事と育児の両立は体力的には思ったよりも楽で、自分が稼いだお金で子供達にお菓子を買ってあげることが嬉しくて‥毎日幸せでした。

私は稀かもしれませんが、結婚していた当時はお財布にお札が入っていることなどなかったので、離婚をして、自分でお金を稼いで、更に国から出る子ども手当や児童扶養手当があった為、離婚してからの方が生活に余裕があったように思います。

しかし、それでも子供達を成人するまで養っていけるという自信はなく、パートをしながら資格を取る為の勉強をはじめました。3ヶ月後、試験に合格し看護学校に通うことが決まりました。それから必死で学校の試験と実習を乗り越え、2年後に無事卒業。

就職先もすぐに決まり、2人を育てるだけのお給料も貰えるようになり、たまに3人で外食ができるほどになりました。シングルマザーになっても仕事も子育ても自分次第です。私は子供達に経済的な不便はかけたくない、その一心で頑張れたように思えます。